Snow Drop & Tempo rubato ゲーム大好きSnow Drop & Tempo rubato ゲーム大好き      Total Day Yes
   コルダサーチ、FF Story Database等の運営日記とゲームやアニメのことをのんびりと・・・



RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

リンク

プロフィール

雪詠

Author:雪詠
DTIブログにようこそ!

検索フォーム

RSSリンク

月別アーカイブ

最近のトラックバック

PoweredBy

Powered By DTIブログ

無料着うた作成 変換 MP3 3GP

 MIDI、作りました 

2007年01月30日 −17:20:20−
月森&香穂子の小説にMIDIを付けました。
・・・って、1週間ほど前のことなんですが(^^;

やっぱりMIDIでのヴァイオリンの音ってイマイチですねぇ・・・
ストリングスで作り直してみようかな?


まだ、他のキャラの小説は書けていませんが、イメージの楽曲はゲーム中で使われていないはずのものを使いたいと思っています・・・が、コルダ2で使われてたらごめんなさい。
 
予約開始されてます^^
 | 金色のコルダ | 編集 | TB(-) コメント:0 |

 DVD 

2007年01月24日 −09:44:17−
本日発売のコルダのDVD。実は昨日、届きました!
昨日は体調を崩して寝ていたので、今観たんですが、マンガよりも慌ただしい感じでした。火原っちの双頭の鷲〜の運指が全然違う!っていうのには苦笑でしたが。
TVで放送が開始されたときは、仕事で九州にいたので忙しくて観られず、こっちに帰ってきてから観たのは合宿の話だったかな。
それからも観損なってて、2セレから再び観始めました。
・・・なんて話はいいとして。

本館サイトで公開した月森編。実は自分で編曲したMIDIを付ける予定だったんですが、どうもMIDIでのヴァイオリンの音って、あんまり綺麗じゃないんですよね。
一応、火原・柚木・土浦編にも曲を付けるつもりで、既に曲は考えてあります。
志水くんは・・・小説の方が書けそうにない(−−;

私自身の専門はピアノとクラリネットだったので、冬海ちゃんとのデュエットも作ってみたいな〜。


現在、ステラ・クインテットのCRESCENDOを聴きながら、次の小説の設定を思案中。
・・・それにしても、何気にモテモテの香穂子が羨ましい雪詠です(^^;
 
 | 金色のコルダ | 編集 | TB(-) コメント:0 |

 コルダ二次創作開始にあたり 

2007年01月22日 −09:29:31−
今更、なんでコルダ?
FFサイトの雪詠がコルダの二次創作を今更ながらに着手したことについて、自分なりの思いを、自分の為に書き残しておこうと思います。

金色のコルダというゲーム、最初は全然興味が無く、妖精探しという面倒な(と思った)行動で挫折していました。
それがシステムをわかってみると、主人公が様々な曲を様々な解釈(3種類)で奏でていくことに楽しみを覚えました。
私自身、クラシック音楽に囲まれて育ち、物心付く前からピアノを、小学生からは琴を習っていたし、中学からはクラリネット、高校ではフルート・ピッコロ・サックス・コルネットと、吹奏楽器に親しんできました。クラリネットに至っては社会人になって以降も、それでお給料を貰えるという幸せな環境を経験しています。
でも、唯一つ、弦楽器だけは、高校の時に先輩のヴァイオリンの伴奏をしただけという、殆ど未知の領域だったのです。
その弦楽器が主人公というこのゲーム。
改めて弦の音の美しさというものに触れ、恋愛云々よりも音楽という面で夢中になりました。
主人公がだんだんと上達していく過程までもがヴァイオリンで表現(演奏)され、異なる楽器での合奏のパターンも多いという、手の込んだ作りにも感動することしきり。
それに加えて素敵な声優陣に魅了され、毎日恋愛成就の為に妖精探しの毎日を送り・・・・・・
苦労が報われるとあの素敵なEDを観る事ができるということで本当に熱中してしまいました。
それに、恋愛が成就するということは、そのキャラのいろいろな面(セリフ)を観る事ができるし、内容も音楽的にも人間的にも深く頷けることばかりで、いい加減な恋愛ゲームとは違うことにも感心させられました。


最近の雪詠はFFでの二次創作に行き詰っていたこともあり、全然小説を書いていませんでした。
でも、このゲームを今更やり直したことによって、「書きたい!」という気持ちが大きく膨らみました。
著作権の切れた曲なら、自分なりの編曲でMIDIにしても問題は無いし、なによりゲームの中で1分半という時間に編曲しているお手本があるのですから、MIDIデータ作りにも意欲が湧いてきています。
最初は長い曲を1分半に編曲するなんて、元の曲の良さを無くしてしまうと思っていました。でも、クラシックを聴かない人に聴いて貰えるようにというこのルールは、実はすごく親切なものだと思えるようにもなったのです。


さてさて、ゲームを何度もプレイしているうちに、キャラの背景の深さや性格などが分かってきて、感情移入もかなり深くなったことで、ED後の彼らを書きたいと思うようになりました。
今は主人公との恋愛について順次書いていますが、できれば男性陣だけのミーティング(コミックとアニメでは女性陣だけの話がありましたけど)なんてのも、楽しく書けたらいいな〜なんて思っています。

3月にはコルダ2が発売になります。
新たに男性2人が加わり、今度はどんなゲームになるのか(予想では恋愛要素が多くなるらしい)楽しみですが、そちらでも感情移入ができるようなら二次創作もやってしまいます。
他のコルダサイトよりもかなり遅れての創作開始ですが、雪詠なりのコルダの世界を楽しんでいただけたら幸いでございます☆

ちなみに・・・
コルダページのタイトル「Tempo rubato」は自由なテンポで、という意味だったかと・・・(楽典の勉強不足でごめんなさい)
 

◆Continue ・・


 | 未分類 | 編集 | TB(-) コメント:0 |

 とうとうコルダに手を出しました・・・ 

2007年01月21日 −02:49:32−
とうとうコルダの二次創作に着手。
だって、FF12は続きが出るっていうし、登場人物に深みが無いから二次創作したくてもあんまり感情移入ができなくて。
ヴァンとパンネロの可愛い恋愛ごっこなら書けるけど、書いてて面白くないから止めてしまったという経緯もあったり。

 

コルダは2の発売が決まったし、3月には横浜でイベントもあったりと、動きが出てきましたからねぇ。
まあ、何と言ってもTVで放映中&コミック化しているってのが雪詠にとっては大きいかも。

さてさて、二次創作小説は本館に発表しますけど、冒頭部分をちょこっとだけ紹介します。

月森編

授業が終わると、オレは真っ直ぐに練習室へ向かう。
それはこの学校に入学してから今まで、毎日変わらぬことであったけれど・・・。

「あ、あの・・・、月森先輩・・・」
練習室に入ろうとしたところで、知らぬ声に呼び止められた。
「なにか?」
青いタイ。
音楽科の1年か。
「あの・・・、あの、練習、頑張ってください」
小さな袋を押し付けるように手渡された次の瞬間には、その女の子はオレに背を向けて走り出していた。
「待て!」
普通に呼び止めたつもりだったが、彼女は立ち止まると同時にビクンと姿勢を正していた。
ゆっくり近づくと、振り向いた彼女の泣きそうな表情が視界に飛び込んだ。
「・・・ご迷惑・・・でしたか?」
オレはそんなに怖がられているのだろうか?
「いや。お礼を言っておこうと思っただけだ」
「えっ!?」
「ありがとう」
そのままオレは踵を返して練習室に戻る。
だからその後の彼女のことは、何も見ていないし気にも留めなかった。


ヴァイオリンの調弦をしながら、今日の練習曲を考える。
香穂子の上達は早い。
だが経験が浅い為に、曲や作曲者に関する知識に乏しい。
だからこそ、オレなんかには想像もできないような解釈で曲を奏でるのかもしれないが・・・。

互いの知識を分け合い、互いの奏法に感化されながら、共に創り上げる二人だけの音。
練習の終わりに奏でる香穂子とオレの織り成すメロディーは、二人だからこその音楽。
放課後の練習室でのこの時間が、オレにとっての至福の時だなんて・・・、香穂子は知っているだろうか?


「香穂子」の部分はじゃばすくりぷとを使って好きな名前を入れられるようにします。
勿論、火原、柚木、土浦も書きます!
ただねぇ・・・志水くんは・・・書けないかも? EDの映像を見てないし。(そそ、やっと火原っちのEDが見れたの〜〜。そして土浦・月森・志水のオマケ映像も!!)

FFは・・・・・・
未だにティユウを書きたい私だからな〜・・・・・・
 
 | 二次創作小説 | 編集 | TB(-) コメント:0 |

 あけましておめでとうございます 

2007年01月02日 −00:01:11−
本年もSnowDropをよろしくお願いいたします☆

で、いきなりですが、私の新年最初のお買い物を報告です^^
金色のコルダから、

最近、コルダにはまりっぱなしの雪詠ですが、FFだって忘れていません^^
 | 未分類 | 編集 | TB(-) コメント:0 |




copyright © 2005 Powered By DTI Services, Inc. allrights reserved
Edit:yukiei

動作確認・閲覧推奨環境:GC+FF/WinXP/1024x768↑
IEでの閲覧では不具合あるかもm(_ _)m